読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

持ち物100個で暮らすシンプルライフ

アラサー主婦のものを持たない暮らし

「部屋は自分の心を映す鏡でした。」を読んだので感想

断捨離

部屋は自分の心を映す鏡でした。 伊藤勇司著

を読みました。

 

感想

  • かわいいイラスト
  • 漫画ページがあるので読みやすい
  • 心理的なこともちゃんと書いてあって、良い(掃除すると良いことが起きる理由が明確。スピリチュアルwwwみたいにはならない)
  • 片づけ方も書いてある

部屋は自分の心を映す鏡でした。 [ 伊藤勇司 ]
価格:1296円(税込、送料無料)


 

私は悩んでないし、すでにこの漫画に出てくる人より全然綺麗な部屋だけれど、

漫画のところと心理術のところは面白かったです。

 

家が片付いていなくて、悩みがある人はこの本を片手に片づけに取り組めば、

楽しくできそうでいいなーと思いました。

片付け&人生開運作戦!みたいな感じで。笑

 

とっても明るい気分になったので、読んでよかったです。

 

ただ一点だけ注意点が。

 

この本、女性向けです。

 

結婚できない、仕事がうまくいかない、ダイエットできない、夫・姑・ママ友が・・・と悩んでいる人たち(全員女性)が登場人物です。

 

 

楽天ブックス

部屋は自分の心を映す鏡でした。 [ 伊藤勇司 ]
価格:1296円(税込、送料無料)


 

読んだよ!のクリックをお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村


シンプルライフ ブログランキングへ