読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

持ち物100個で暮らすシンプルライフ

アラサー主婦のものを持たない暮らし

引き寄せの法則~いい人を演じること~

引き寄せの法則

引き寄せの法則的に「いい人を演じること」はどういった結果を生むのか?

私の体験談を書きます。

 

まずは引き寄せの法則とは?

 ~引用~

自分と似た者同士が引き合うという「引き寄せの法則」を掲げ、例えば富についてのみ考えることで富を得、豊かさのみ考えることで豊かさを引き寄せることができるとする。不快な気持ちを抱くと同じような思考が延々と続いてしまうのも、「引き寄せの法則」が発動するからであるとしている。

 

思考や事象には特定の周波数が存在しており、思考やイメージが宇宙に放たれることによって、その周波数に対応する事象が引き寄せられる。本書によれば思考が全ての原因である。

~引用終わり~

以上、

ザ・シークレット - Wikipedia

より引用しました。

 

つまり、ポジティブ思考=良いことが起きる!

と私は解釈しました。

 

とにかくポジティブ!(^^)ポジティブ!と。

 

さて、そんな私に起こった事は?


はじめた最初は良かったんです。

半年くらいでしょうか。本当に楽しい気分で平和で幸せでした。

ネガティブなことは一切言わないようにして、思考もポジティブでいられました。


けれど、半年くらいでその良い連鎖がストップしてしまいます。

私に好意を抱いていたらしい会社の高齢男性が、脈ナシだと分かると、当てつけに私の悪口を上層部に報告する、といった行為をしたようなのです。

それ以降、私の会社での評価は下がり、待遇が悪くなりました。もちろん私はそんな事知る由もありませんでしたが。


仕事は小さな案件ばかりになり、給与や昇進などの待遇が周りより悪く憂鬱でしたが、

そんな気持ちはひた隠しにして我慢し、表面上はポジティブ!に振舞っていました。

でも結局は精神的に辛くなり退職。


退職の時に気が付いた事がありました。

私は”良い人”と言われ周りから優しくされていたものの、プライベートで付き合えるような人間味が無く、腹を割って周りと話す機会もなく、

周りは明るく働く私には問題ないと判断し、私が不満を抱えている事には気が付か無かったようです。


薄給で大量の雑務をこなしていた都合の良い社員となっていた私がいなくなると知った上の人達は焦り、私の悪口が報告されていた事、でもそれは根拠のないことだったことを謝罪し、来年度の昇進昇給を提示してきましたが、後の祭り。


周りの人達は、気が付かなくてゴメンねと言って、たくさんプレゼントを用意してくれ、盛大に送り出されての退職となりました。


負の気持ちを表現しないで我慢することが、

とにかく我慢し続ける状態を引き寄せていたようです。


私はどうすれば良かったのか?


負の感情を押さえ込まず、正直になれば良かったのでしょう。

冷静に、こういった感情を感じた、と表現する。

そうすれば、周りも早々に対処してくれ、憂鬱な気持ちを何年も抱えて苦しんだり、薄給で働くことも無かったでしょう。

そして、周りへの感謝の気持ちを感じ、働き続けることが出来たように思えます。


いい人になること、

無理をして我慢する事はさらなる我慢を引き寄せます。

嫌な事をしてくる相手に不満を伝えず抱え込むと、この人は大丈夫だと判断されて、さらなる不満を与えられるかもしれません。

(嫌われたくない、ポジティブにならなきゃ)といい人を演じてみましたが、その場では皆に優しくされても、そんな薄っぺらな人間関係は今現在何も残っていません。それならいっその事、素直な気持ちを表現して、スッキリした気持ちでまたポジティブな生活に戻る方が良いと思います。


読んだよ!のクリックをお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(物)へ
にほんブログ村


シンプルライフ ブログランキングへ