読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

持ち物100個で暮らすシンプルライフ

アラサー主婦のものを持たない暮らし

カレン・キングストンの本をヒントに家中を一掃する

年末までに家を一掃したい!

そこで、カレン・キングストンの「ガラクタ捨てれば自分が見える」を再度参考にして、再度家中のものを見直したいと思います。

 

カレン本によると、

手放すべきものは、

・使っていないもの

・好きではないもの

・整理されていないもの

・ぎゅうぎゅうに詰め込んでいるもの

・未完成なもの

 

家中のものを見直してみると、ありました。

 

・使ってないもの

明らかに使えないものは無いけれど、同じ用途のものが複数あって使っていないものがあります。

 

・好きではないもの

好きじゃないけど、使っているものがあります。早く使い切りたいと優先的に使っているけれど、なかなか使い潰すことができず、結果嫌いなものばかり使っている。。

 

・整理されていないもの

・ぎゅうぎゅうに詰め込んでいるもの

上記の通り同じ用途のものが複数あると、収納の仕方がぐちゃぐちゃになります。

 

・未完成のもの

うちにこれは無いです。創作が好きな人にはありそうですですね。

 

この5点を見直すときっと家からガラクタを見つけ出すことができるはずです。

  

読んだよ!のクリックをお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(物)へ
にほんブログ村


シンプルライフ ブログランキングへ